TIF2016アイドルサマーメモリーズの
ステージにアイドルユニット「少女隊」が登場しました。

0009




おすすめ記事

少女隊とは?
1983年、オーディションにより当時13歳のミホ、レイコ、チーコの3人が選ばれ結成。
翌年の1984年8月28日にシングル「FOREVER?ギンガムチェックstory?」、
アルバム『少女隊Phoon』、12インチシングル「ESCAPE」、
ビデオ『少女隊Phoon』を同時にリリースしてデビュー。

0003

山口百恵、ピンク・レディを手がけた都倉俊一氏がプロデュースを担当し、
当時としては異例のオールアメリカロケ、アメリカの有名ミュージシャンの参加などで話題となる。
1年後、メンバーの一人であるチーコが脱退し、新メンバー・トモが加入。

0001

1985年から秋元康氏がプロデュースに参加し、3枚目のシングル「素直になってダーリン」、
「Bye-Byeガール」で徐々に人気が上昇。
当時としては異例のアジアに向けて展開し、アジア各国でも人気があった。
1988年にはソウルオリンピックのイメージソング「Korea」を歌い、韓国でも話題に!!!
当時の韓国では初の日本語による歌が受け入れられた。

0002

当時の少女隊の所属事務所、ボンド企画(現:株式会社ビーエムアイ)の公認のもと
2015年4月23日、平均年齢13歳の3人組ユニットとしてLINEBLOGの開設と同時にデビュー、
4月25日に初のお披露目を果たす。

0004

2015年8月26日にファーストシングル「ゴールデンロード/少女の逆襲」を発売、
同年12月23日にメジャーデビューシングル「未来がまっている~絆~」を発売。
2016年は少女隊、飛躍の2年目となる。

少女隊からの動画コメントはこちらをご覧ください。


少女隊オフィシャルサイト
http://lineblog.me/shohjyotai/