9月3日、秋葉原パセラリゾーツ AKIBAマルチエンターテイメント 8Fにて
「Alice Film Collection 第 5 弾」 『桜散れども』
完成披露プレミアム鑑賞会開催イベントが行われました!

DPP_469

写真左~松木威人 、桜のどか、立花あんな 、川村虹花、木村八重子、樋口隆則(監督)

おすすめ記事

この日は、樋口監督と仮面女子のトークコーナー ・桜散れども初公開!
トークショーの後には上映会もありました!

「ストーリー」
「Alice Film Collection 第5弾 」
アヤカは想いを寄せるケンジの秘密を知りうまくいかない。
祖母のヤエは戦後の恋人の思い出を語り始める…
祖母と孫娘‥戦後と今‥ 時を超えるラブ・ストーリーが桜の花びらと共につむがれる 。  

DPP_464
今回、「川村虹花」初主演です!
本当にありがとうございます。 いつもの元気でバカな私と違って、
真面目で誠実な役をやらせていただきました。
初めて今回完成された作品を見たのですが、
本当に自分が写っている感じがしなくて1つの作品として客観的に見れました。
大切な人にはちゃんと思いを伝えなきゃいけないと思いました。
遅くても駄目もとでも送ったメールが帰ってきても
最後はほっこりする感じで終わるので家族は大切にしなきゃと思いました。

DPP_465
今回は、今までのアリスフィルムコレクションにはなかった
戦争時代の場面などもありとてもシリアスな映画です。
そんな映画の空気をある意味ぶち壊すマヤ役をやらせていただきました。
いつもと変わらない感じでバキバキにやらせてもらいまして
素敵な役にキャスティングにして頂きましてすごくうれしかったです。

DPP_466
「桜散れども」でヤエさんの19歳の頃を演じさせていただきました桜のどかです。
この撮影に至るまでに、ずっとヤエさんのこと、戦後間もない時代の生き方を考えていました。
本日、客観的に見ましても素晴らしいと思いました。
いつも通りな感じで役をやって嬉しかったです。自分の演技は客観的に見て「まだまだでした」。
いまは樋口監督の下で修業をしていまして今撮ればもっと違う形で見せれると思いますね。

DPP_463
「取り立て屋」 松木威人として出演しました。
自分の役は、もう少し足が速ければと思いました(笑)
この画面で見ても1㎝くらいで走っていましてもう少し早ければ
と何回も思いながら見てしまいました。しっとりとした感じの
いつもの感じではない良い所を引き出した真面目なアリスプロジェクトを見て頂きたいですね。

DPP_467
今回の映画の狙いどころは、サブカルの象徴のアイドルさんで今回映画を撮りました。
彼女たちが昔の日本映画に出てきたらどんな感じになるのかとか?、難しいシーンなども
たくさんあり、彼女たちの透明感や、カメラでの撮り方を見て頂きたいと思います。


DPP_468

出演者の皆様から動画コメントを頂きましたのでぜひご覧ください!



「Alice Film Collection 第 5 弾」 『桜散れども』 オフィシャルサイト
http://www.alice-project.biz/movie/?id=5


仮面女子映画シリーズ第5弾「桜散れども」特報CM